マネージャーのお仕事

 

ここでは、ボート競技を陰で支えるマネージャーについて

紹介していこうと思います!

 

「マネージャーって、何してるの??」

 

って思っている皆さんに、マネージャーの魅力

お伝えしていきます☆

 

 

1.ビデオ撮り

 

 

 

 

マネージャーは、漕手の乗艇練習や試合などをビデオで撮影しています 

 

漕手は、ビデオで各自練習のチェックをするため、とっても重要な仕事の一つです!

2.食事管理

 

 

マネージャー最大の仕事は、食事管理です。

漕手の合宿中の栄養管理を行い、マネージャー

が自分たちの手で料理を作っています。

朝ごはん、夜ごはん、練習前のおにぎりも作ります。

 

 

 

 

  食事や料理について全然知識がなくても

  大丈夫です!いっぱい経験を積んで、

  一緒に成長していきましょう♪

 

 

  

   じゃーーーん!! 

   これが一食分の食事の量です!

 

 

 

  漕手には、いっぱい食べて体力を

  つけてもらわなくてはいけません!

 

 

   そのお手伝いができるなんて、

   とっても素敵なことだと日々思っています。^^

3.試合のサポート

 

 

   試合にも、もちろん付き添いで行きます!

 

 

 

 

  

   マネージャーはオールを運んだり、

   レースのビデオや写真撮影をします。

   直接試合に関わることはできません。

 

 

  しかし、漕手にとって万全の試合体制を作るために

  自分たちの仕事に誇りをもって仕事をします。

 

  勝利の喜びも、負けた悔しさも漕手の一番近くで

  ともに分かち合います。

 

 

 

 

 

  

     漕手が表彰台に立ったときや、

     賞状をとったとき

 

 

 

  

 そして漕手からメダルを掛けてもらえたときは

 心の底から「マネージャーをやっててよかった」

 と思えます。

4.組織運営

 

 

 マネージャーの仕事は、

 試合や練習のサポートだけではありません。

 

 部を支える一員として一人ひとり役職を持っています。

 

 ここで、6つの役割を紹介します。

 

 

 

 

  統制…マネージャーのリーダーとしてみんなをまとめる

  学連…ボート大会の運営のサポートをする

  広報…部の情報を発信する

  栄養…漕手の栄養管理をする

  艇友会…現役とOB・OGのみなさんを繋ぐ

  体育会本部…ボート部の代表の本部役員として部と大学の連携を取る

 

 

 

 組織の運営は誰か一人でも欠けたら成り立たなくなります。

 

 だからこそ、私たちマネージャーは、すべての仕事に責任を持って取り組んでいます。

 

 

 

  つらいことも、苦しいことも一緒に

  乗り越えられて、楽しいことも嬉しいことも

  一緒に分かち合えるマネージャー体制が

  同志社大学ボート部には、あります。

 

 

 

 

さあ、あなたも一緒に

日本一のサポート体制を作りあげて

いきませんか?

 

男子マネージャーも女子マネージャーも大歓迎です!!

 

私たちは、あなたの力を待っています。

 

新歓2017イベントカレンダー.pdf
PDFファイル 529.3 KB